のったりな遊戯王ブログ

主に遊戯王について書きます

【雑記】潜海奇襲と幻煌龍とシングルカード

皆さんお久しぶりです。また間が開いてしまった…

今日はデュエリストパックレジェンドデュエリスト編の発売日ですね。

真紅眼やアマゾネス、サイバーダークが強化されましたが、めちゃ強いというわけでもなく落ち着いた感じ、でしょうか。。

 

で、今回はパックの中でちょっと気になるカードをご紹介

考察というほどでもないので雑記という形にしました

 潜海奇襲

《潜海奇襲》

永続罠
(1):このカードの発動時の効果処理として、自分の手札・墓地の「海」1枚を選び、発動できる。
(2):フィールドに「海」が存在する場合、表側表示のこのカードは以下の効果を得る。
●1ターンに1度、自分フィールドの水属性モンスター1体をエンドフェイズまで除外して発動できる。
このターン、自分フィールドの表側表示の魔法・罠カードは相手の効果では破壊されない。
●元々のレベルが5以上の自分の水属性モンスターが
相手モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動する。
その相手モンスターを破壊する。

幻煌龍に使えないかなーと考えてるのでその話だけします。

(1)の効果は《幻煌の都パシフィス》を墓地からも発動できるので再利用ができるようになったり、《おろかな副葬》とかが入れば擬似的なサーチとしても使えるかも…?

(2)の効果はともにパシフィスが生み出すトークンと相性が良く、潜海奇襲を上手く生かせるのではないかと考えています。

 

幻煌龍ならばこのカードを採用する余地がありそうですがまだ入れて回したわけではありませんし、幻煌龍の課題は今のところパシフィスがないときどうするか、な感じなので本当に採用するかは微妙な。。

ちょっと書きたかっただけなので潜海奇襲については以上になります。

あとで追記してしっかり考察したものにするかもしれないししないかもしれない。

 

ここからは次回予告になるであろう話

アマゾネスデッキ、作ります。

このブログを開設して以降、何もデッキ紹介してない!ということでこれが最初のデッキ紹介になりそうです。

それではまた近いうちにお会いしましょう。