のったりな遊戯王ブログ

主に遊戯王について書きます

【カード考察】《魔界劇団カーテン・ライザー》 新たな団員の登場は魔界劇団をどう変えるのか

なんと1日に2回の更新です。珍しいこともあります。

 今回はCOLLECTORS PACK 2017新たに登場した魔界劇団モンスターです

 

魔界劇団カーテン・ライザー

魔界劇団カーテン・ライザー》

ペンデュラム・効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1100/守1000
【Pスケール:青7/赤7】
このカード名のP効果はデュエル中に1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合に発動できる。
Pゾーンのこのカードを特殊召喚する。
【モンスター効果】
(1):自分フィールドにこのカード以外のモンスターが存在しない場合、
このカードの攻撃力は1100アップする。
(2):1ターンに1度、デッキから「魔界台本」魔法カード1枚を墓地へ送って発動できる。
自分のEXデッキから表側表示の「魔界劇団」Pモンスター1体を手札に加える。 

アニメで登場したときにはモンスター効果の(2)効果はありませんでしたし、(1)もこのカード以外存在しない場合だったので強化されていますね。(ペンデュラム効果は弱体化されていますがそれは仕方がない)

ペンデュラム効果から見ていきましょう

P効果はデュエル中に一度ならでは(?)の有能効果

シンプルに強いですね、ただデュエル中一度なのでどの場面で使うかは悩みどころですね。序盤の展開よりは中盤一気に並べたい時の方が最適かも…?

並べやすいレベル4闇属性Pモンスターということで覇王眷竜ダーク・リベリオン、覇王眷竜スターヴ・ヴェノムの素材としても有用になりそう。

Pスケールはが7と魔界劇団にとって少し微妙ですが基本的にモンスターとして使いたいカードなのであまり問題は無いかと。

 

続いてモンスター効果!

新ルール対応のモンスター効果、《魔界の宴咜女》との相性も○

①の効果は並べるのが強みのペンデュラムとはあまり相性がよくないですがP効果と併せてフォトンスラッシャーのような運用ができます。とはいえおまけ程度と考えるのがいいかと。メインは②の効果だと思います。

新マスタールールの影響でEXデッキからの大量のP召喚が難しくなったのでEXからの回収効果はありがたい…単純にP召喚がしにくい《魔界劇団ーエキストラ》を回収する動きも強いです。

さらに同じパックで登場した《魔界の宴咜女》や《魔界劇団ーデビルヒール》などの効果でそのまま魔界台本を回収できます。(その場合他にも魔界劇団を用意しないと台本を生かすのは難しいですがP効果やP召喚等で並べると良い、と思います)

似たようなEXからの回収効果を持つ《魔界劇団ーダンディ・バイプレイヤー》とは、魔界台本を墓地に送る効果、魔界劇団なら何でも回収可能、レベル4辺りで差別化を図っていきたいところ。

 

魔界台本「魔界の宴咜女」》

永続魔法
このカード名の(1)の効果は1ターンに2度まで使用できる。
(1):自分フィールドの「魔界劇団」モンスター1体をリリースし、
自分の墓地の「魔界台本」魔法カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを自分フィールドにセットする。
(2):自分のEXデッキに表側表示の「魔界劇団」Pモンスターが存在し、
セットされたこのカードが相手の効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから「魔界劇団」Pモンスターを任意の数だけ特殊召喚する。

 

 

魔界劇団ーダンディ・バイプレイヤー》

ペンデュラム・効果モンスター
星2/闇属性/悪魔族/攻 700/守 700
【Pスケール:青8/赤8】
(1):自分がP召喚に成功した時に発動できる。
自分のエクストラデッキから表側表示のレベル1またはレベル8の
魔界劇団」Pモンスター1体を手札に加える。
【モンスター効果】
魔界劇団-ダンディ・バイプレイヤー」のモンスター効果は
1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分のPゾーンに「魔界劇団」カードが2枚存在する場合、
このカードをリリースして発動できる。
手札及び自分のエクストラデッキの表側表示のモンスターの中から、
レベル1またはレベル8の「魔界劇団」Pモンスター1体を特殊召喚する。

 

新マスタールールで向かい風だった魔界劇団に新たな風が吹く…?

 EXからの大量展開が出来なくなり、魔法罠ゾーンにPゾーンが収納されてしまった影響でかなり厳しい状況であった魔界劇団でしたが、最近の覇王眷竜やこのカードの登場で戦いやすくなりつつある気がします。ただ今後の強化があるのか不安です…

 

アニメで見たときは、ペンデュラムを主軸とする魔界劇団と相性がよくなさ過ぎて全くOCG化を期待していなかったのですが優秀な効果をひっさげてきてくれました。

 

それでは、またお会いしましょう。